クレイジージャーニー

山口千尋(靴)の年収や店の場所!結婚(嫁・子供)や技術がスゴい!【クレイジージャーニー】

山口千尋の経歴・プロフィール

さて、山口さんの経歴やプロフィールを

みていきたいと思います。

出典:ENRICH

う〜ん、ダンディ!!

今年で、58歳、

銀座でモテるでしょうねww

 

さて、プロフィールですが、

名前山口千尋
生年月日1960年
出身地大阪府
職業靴職人
工房オーナー
資格ギルド・オブ・マスタークラフツメンツ
所属Guild of Crafts
(ギルド オブ クラフツ)

 

山口さんのお父さんは、

地蔵や狛犬などを作り出す石工だった

そうですが、

その影響か、

山口さんも美術関係に興味を示します。

 

地元大阪の工芸高校に進学後、

日本画の勉強をされたそうです。

”絵を描きたい!!”

と思っていたそうですが、

食っていけないということで、

京都にある靴メーカーに就職されます。

 

理由は、

社宅が余っていたので、

大きい絵が描けるから!!

 

そんな理由だったそうです。ww

最初は大した理由ではないんですね

 

そんな靴メーカーでは、

新作靴のデザインやプロトタイプの製作

を担当することになります。

 

この仕事の中で靴製作が、

絵を描いている時と同じ爽快感を

感じられること、

そして、絵と違い、

靴は、

デザインが具象化されて

展示会に商品説明に行くと、

バイヤーとの出会いや、

市場を意識すると

ユーザーの存在も感じられ、

次第に仕事が面白くなってきたとのこと。

 

どんどん靴製作にのめり込んでいった

山口さんは、現状の靴業界の

既製品の枠の中だけでの

靴製作に疑問を持ち始め、

 

もっと靴の勉強がしたいと、

26歳の時、イギリスに留学されます。

 

イギリスでは、

名門靴学校コードウェイナーズカレッジで

入学し、技術を磨きます。

 

そして、4年に渡る渡英生活の後、

1991年日本に帰国され、

東京に住まわれます。

 

しかし、当時日本では、

既成製品の靴が完全に主流でした。

というか、今でもですがww

 

山口さんは、

イギリス滞在中の実績や

マスターの証を頼りに、

外国の靴メーカーとデザイナー契約を結び

その仕事をしながら、

自身の作品をコツコツ製作し、

展示会を開くなど、

地道な活動を続けます。

 

価値を作り出すのって、

やっぱり地道な活動が必要なんですね。

 

そんな中、山口さんは、

「メーカーを作ろう」

と思いたちます。

 

これまでの、

売ってくれる側(バイヤー)の意見や、

値段が障壁になり、

思うような靴が作れない現状の打破、

 

また、きちんと説明すれば、

お客さんも納得してくれるという

信念からの行動だそうです。

 

チャレンジャーですよね。

 

そうして、

上記にもあります

”ギルド”を立ち上げられました。

 

確かに、

強いこだわりを持って

靴を作っておられますね。

あわせて読みたい
平尾成志(盆栽師)の年収や結婚・嫁(妻)や子供は?WIKI経歴や個展がヤバい?[クレイジージャーニー]クレイジージャーニーに登場する盆栽師の平尾成志さんのこれまでの経歴やwiki風プロフィール、パフォーマンスや個展について、年収(収入)や結婚・嫁(妻)や子供は?...

まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 石工の父の元、美術に興味を示す
  • 高校卒業後、靴メーカーに就職
  • 靴製作に楽しさを覚える
  • 靴製作のためイギリスに留学
  • 留学後フリーの靴デザイナーとして活躍
  • 自身の工房ギルドを立ち上げる
  • 現在、銀座にショップを展開
  • また若手育成のため靴学校を開校し後進の指導をしている。

さて、今回の

クレイジージャーニーでは、

珍しく、松本さんが、ロケに出て

靴を製作してもらっており、

完成品も見れるとのこと。

そんな靴なのか楽しみですね。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

関連記事はこちら↓

スポンサードリンク

1 2