サワコの朝

いのちのスープのすごい効果は?辰巳芳子の生い立ち【サワコの朝】

2018年7月14日(土) 7:30 ~ 8:00放送

【サワコの朝】に

料理研究家の辰巳芳子さんが出演されます。

 

このかたは、

いのちのスープで話題になり、

2012年には、

ドキュメンタリー映画

『天のしずく 辰巳芳子”いのちのスープ”』

が公開されるなど、

かなり話題になった方です。

 

今回は、辰巳芳子さん、

そして話題になった

いのちのスープについて

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

いのちのスープとは?

さて、

そもそも”いのちのスープ”

とは何か?

というところですが、

 

料理研究家の辰巳さんが、

同じく料理研究家だった母、浜子さんと

お父様の介護を通じて、

スープに開眼され、それが周りに

伝わるうちに、いのちのスープ

と呼ばれるようになったものです。

 

現在では、

介護施設や、病院などで

スープサービスを提供しています

出典:Amazon

いのちのスープについて、

辰巳さんは、

季節のお野菜を使い、
野菜の旨味を引き出すように弱火でじっくり火を通す。均等に火が通るように材用の切り方も決まっている。だしにもこだわる。
と語っておられます。
辰巳さんの哲学が感じられますね。
あわせて読みたい
谷垣雄三はなぜニジェールに行ったのか?ヤバい生い立ちとは?【世界ナゼそこに?日本人】2018年7月9日(月) 21:00 ~ 22:48放送 【世界ナゼそこに?日本人】に、 ニジェールで活動をされていた ...

いのちのスープの効果は?

さて、

気になる

”いのちのスープ”の効果ですが、

レシピがそれぞれなので、

当たり前ですが、

それぞれ全く効果が違います。ww

 

食べる楽しみを奪われたお父様の為に

作られたスープが

基礎になっていますので、

 

食の楽しみ、
命を感じることができるということ

 

かと思います。

スポンサードリンク

 

辰巳芳子さんのプロフィール、生い立ちは?

出典:公式サイト
名前辰巳芳子
生年月日1924年12月1日
出身地東京市(現東京都)目黒
職業料理研究家
活動NPO
大豆100粒運動を支える会、
良い食材を伝える会、
確かな味を造る会、

辰巳さんは、

1924年(大正13年)に

名家(加賀藩の家臣の家系)

の長女として生まれます。

 

戦時中の

1944年に縁談がありますが、

縁談相手には、学徒動員で

出征が決まってしまい、

お父様から破断の話が出たそうですが、

相手の落ち込み様をみて、

辰巳さんが、お父様を説得。

晴れて結婚されますが、

3週間後、フィリピンに出征され、

戦死されます。

 

翌年、実家に戻りますが、

ほどなくして、

結核を発症。

 

一時回復し、

慶応大学に入学しますが、

結核が再発し、

その後15年間療養生活を送ります。

 

症状が回復し、

料理研究家として活動され始めた

母、浜子さんの手伝いを始め、

その後、

母に代わり、料理を教える様になります。

 

その後、

イタリア料理やフランス料理など

を学んで行かれます。

 

しかし、1972年に、

父、芳雄さんが脳血栓で倒れ、

嚥下障害になってしまいます。

 

食の楽しみがなくなってしまった

父芳雄さんのため、

母浜子さんとお二人で、

試行錯誤しながら、

スープを作り、

父の命を支えて行きました。

 

現在では、

この体験を元に、

病院などの緩和ケアに

いのちのスープを提供したり、

 

また、

現在の地元

鎌倉ではスープの会を開いて、

講習活動をされています。

ちなみに、

数年先まで予約でいっぱいとのこと。

 

さらには、

子供の食育活動などを行なっています。

 

93歳とは思えないくらい、

精力的に活動されていますね。

あわせて読みたい
白石加代子が狂気の女優と呼ばれるヤバい理由・エピソードは?【サワコの朝】2018年6月16日(土) 7:30 ~ 放送 【サワコの朝】に 白石加代子さんが出演されます。 白石さんとい...

まとめ

いかがだったでしょうか?

旦那さんとの早すぎる別れ、

ご自身も大病のため療養生活を送り、

かつ、お父様の介護をされたことで、

 

料理研究家として、

食といのちが繋がっていることを

感じられたことで、

いのちのスープが生まれたんですね。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク