ニュース

鈴木恵美子が逮捕!ヤバい動機は?事件概要・病院の現在【大口病院事件】

横浜市神奈川区の大口病院(当時)で、

2016年9月、

入院患者2人が相次いで中毒死した事件。

 

今回、その事件のうち、

当時88歳だった被害者の殺人容疑で、

病院の看護師だった31歳の女性を

逮捕する方針とのことを、

神奈川県警が発表しました。

スポンサードリンク

事件概要。そして、病院の現在

【2016年9月20日】

入院患者の八巻信雄さん(88歳)が

中毒死していたことが判明します。

 

神奈川県警により、

司法解剖、状況等から

殺人事件と断定されます。

 

【2016年9月21日】

同年春以降、

看護師のイジメ問題など

トラブルが発生していたこと、

そして、

4階の入院病棟を中心に

異変が起こっていたことが判明する。

 

また、

遺体・点滴袋から

強い殺菌作用がある消毒液

ヂアミトールに含まれる

「界面活性剤」
(※洗剤などに使われる化学薬品)

の成分が発見される。

 

【2016年9月25日】

界面活性剤が、

17~19日の連休中に混入されたとのこと

そして、

病院内のずさんな管理体制が

明るみになった。

 

【2016年9月26日】

捜査を進めるうちに、

18日に

西川惣蔵さん(88歳)も

同じ原因で亡くなっていたことが判明し、

連続殺人と断定されました。

 

大まかな流れには、こんな感じですね。

 

さらに、その後

4月以降50人前後も

相次いで亡くなっていたことが判明し、

大騒ぎになりました。

 

その後、病院側は、

病院長はじめ、スタッフを総入れ替えし、

病院の名称を、

「横浜はじめ病院」に改称しています。

 

イメージの払拭し躍起になっていますね。

 

多分、周りの人間からしたら、

信用は戻らないと思いますが・・

 

さて、気になる犯人ですが、

 

ネット上では、

容疑者として

鈴木恵美子ではないか?

と噂されています。

スポンサードリンク

鈴木恵美子とは?これまでに出ていた犯人像そして、動機は?

今回の大口病院の事件に関し、

週刊誌、2chでは、

主に、3人の看護師ではないか?

と噂されてきました。

 

・ひどいいじめを受けていたA氏

当時4階(入院病棟)を担当していた

30代の看護師。

 

病院内で、

白衣が引き裂かれたり、

ペットボトルに漂白剤を混入されたり

なかなか

ひどいいじめを受けていたそうで、

 

8月末に休職し、

9月末には退職しています。

 

イジメによるストレスのはけ口で、

犯行に及んだのか?

 

次に名前が挙がっているのが、

 

Aさんと仲が良い B氏

このB氏は、

いじめを受けていたY氏を見かねて、

市側にメールで通報し、

 

また、Twitterで、

大口病院の内部事情などの情報を

公開・拡散させています。

 

注目を集める為に犯行に及んだのか?

 

しかし、一番犯人と目されているのが、

潔癖症の20代C氏

実は、A氏の異物混入に関しては、

警察に被害届が出されており、

その際に、事情聴取を受けていたのが、

このC氏です。

 

病院内でも変わり者という話が出ており、

 

患者の飲み残しの飲料を口にする

寝たきりの患者に対して、暴言を吐く。

 

など、

異常な行動が多々目撃されています。

 

また、

極度の心配性・潔癖症でもあったそうで、

 

だったら

飲み残しなんか

口にするなよって感じですが・・・

なかなか、ヤバイ人みたいですね。

 

このイジメ事件の疑いの目が

向けられたことによるストレスが

犯行の原因ではないか?

 

と言われています。

 

特に、今回逮捕されるのが、

31歳という年齢を考えると、

 

2年前30代だったA氏ではなく、

当時20代だったC氏が、

鈴木恵美子ではないかと思われます。

 

まとめ

今回の逮捕に関し、

任意で捜査を受けた31歳女性は、

容疑を大筋で認めているとのこと。

 

今回の逮捕で、

事件の解明が進むことを期待しています。

 

並びに、

被害者の方のご冥福をお祈りしています。

スポンサードリンク