ニュース

島川甲子三のwikipedia!伊勢湾台風を予測後がヤバい![一番だけが知っている]

11月12日放送の【一番だけが知っている】

に気象予報士としても活躍する

俳優の石原良純さんが出演され、

昭和34年(1959年)に起きた伊勢湾台風

を予測した『気象予報士の神』と崇める

島川甲子三(しまかわ きねぞう)さんが

特集されます。

 

今回は、島川甲子三さんの

wikipedia風プロフィールや

伊勢湾台風とは?また島川甲子三さんが

伊勢湾台風を予測したあとの顛末は?

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

島川甲子三さんのwikipedia風プロフィール

出典:日本経済新聞
名前島川甲子三(しまかわ きねぞう)
生年月日1924年(大正13年)
出身地不明
職業気象予報士
所属名古屋気象台

甲子三さんの甲子(こうし)は

1924年の干支である甲子にちなんで

付けられたんでしょうね。

 

ちなみに、高校野球などで有名な

甲子園球場も

同じ年1924年に完成されたことから

”甲子”園と名付けられたそうです。

 

他にも新撰組参謀だった伊藤”甲子”太郎も

甲子の年(1864年)に上洛したことから、

名を改めたそうですよ。

 

話が逸れちゃいましたねww

 

さて島川さんは名古屋気象台で予報官、

解説予報部長などを歴任し、

昭和39年に気象台を退職され、

NHK名古屋で、

日本初の気象キャスターとして

気象解説をされていたそうです。

 

日本初の気象キャスターさん

だったんですね。

スポンサードリンク

伊勢湾台風とは

伊勢湾台風は、

1959年(昭和34年)の9月26日に

和歌山県沖から上陸した大規模な台風で、

紀伊半島から東海地方を中心に、

全国的に被害を出した台風でもあります。

 

この台風で、

  • 死者:4,697名
  • 行方不明者:401名
  • 負傷者:38.921名

となっており、

阪神大震災が起きるまで、

戦後最大の自然災害だったそうです。

 

また、人的経済的被害の規模は

明治維新後で最大級の自然災害

だったそうです。

 

当時政府や行政機関などは、

災害対策について

ほとんど想定されていなかった

そうですが、

この台風の被害が甚大だったことから

これを教訓として、

翌々年の1961年(昭和36年)に

災害対策基本法が制定されたそうです。

 

行政や法律まで

変えちゃうくらいですから、

相当ヤバかった台風なんでしょうね。

あわせて読みたい
東信(花)の店舗や値段・通販は?写真集や作品画像の評判がヤバい![クレイジージャーニー]クレイジージャーニーに登場する我流を貫く孤高の男東信(あずま まこと)さんの経歴やプロフィールや店舗の場所、花の値段や注文方法・通販。作品や写真集の評判など 調べていきます。...

島川甲子三さんと伊勢湾台風の関係は?

さて、そんな甚大な被害を出した

伊勢湾台風ですが、

島川さんとはどんな関係があったのか?

 

実は、

当時名古屋気象台に所属されていた

島川さんは

伊勢湾台風の予測がかなり早い段階から

出来ていたそうなんです。!!

 

どういうこと?

って感じですよね。

 

実は伊勢湾台風の10日前に、

沖縄県の宮古島に

大規模な台風が直撃していました。

 

この台風と伊勢湾台風は

途中までの軌跡が

東に1000キロ平行移動すると、

全く同じルートを通っていたそうで、

このままだと名古屋など東海地方に

直撃すると予想されていました。

 

そして、上陸当日の11時15分

暴風雨警報、波浪警報、高波警報

などを発令されたそうです。

また、記者会見なども開き、

島川さんたちは、出来うる

最良の選択をされたそうです。

 

しかし、

これだけの警報を出したにも関わらず、

非常に甚大な被害が出てしまいました。

 

実は、

この気象台が発令した警報などは、

住民にはほとんど届いていなかった

そうなんです。

 

?!

なぜなのか?

理由は、いくつかあるそうです。

 

当日は土曜日だったことそう、

当時の役所は半日だったことで、

ほとんど引き継ぎなどが行われなかった

そうなんです。!!

 

ヤバいですね!!

さらに当日の午前は、

晴天だったそうで、気象台から出された

警報がほとんど信じられなかった

そうなんです。

 

なんだったら、

土日に呼び出して何事だ!!

と怒った人もいたとか・・・・。

 

今では全く考えられませんが・・・。

 

また、伊勢神宮付近では、

「昔から災害が避けていく」

と信じられていたため、

 

ウソだろう!!って感じですが、

 

そんな感じで、

必要な情報が役所の机の上に

乗ったまま、

伊勢湾台風上陸となったそうです。

 

島川さんは被災後、

その事実を知り、

どんないい情報でも
届かなければ意味がない

と考え、

伊勢湾台風から5年後の昭和39年に

気象台を退職され、

情報を伝える事が出来る、

気象キャスターに転職されます。

 

なるほど、石原良純さんが

『気象予報士の神』と崇める気持ち

よく分かりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は、伊勢湾台風を予測した

『気象予報士の神』島川甲子三さんの

wikipedia風プロフィールや

伊勢湾台風とは?また島川甲子三さんが

伊勢湾台風を予測したあとの顛末は?

について調べてみました。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ↓