カンブリア宮殿

小田豊(六花亭)のwikiプロフ!店の場所や価格!年収や家族(嫁・子供)は?[カンブリア宮殿]

カンブリア宮殿に、バターサンドで有名な

北海道六花亭の前社長の

小田豊(おだ ゆたか)さんが出演されます。

 

今回は、

小田豊さんのwiki風プロフィールや、

六花亭の店の場所や商品の価格や

小田豊さんの年収や家族(嫁・子供)について

調べて見たいと思います。

スポンサードリンク

小田豊さんのwiki風プロフィール

名前小田豊(おだ ゆたか)
生年月日1947年
出身地北海道帯広市
職業経営者
所属六花亭

小田豊(おだ ゆたか)さんは、

北海道で、古くからある和菓子店

千秋庵の暖簾分けの店舗である

『帯広千秋庵』(のちの六花亭)の

社長だった小田豊四郎さんの長男として

生まれます。

 

御曹司だったんですね。

 

さてそんな小田さんは、

慶應義塾大学商学部を卒業後、

京都の老舗和菓子店の鶴屋吉信で

修行されます。

 

やっぱり修行期間ってあるんですね。

 

そして

1972年の7月、父が経営していた、

帯広千秋庵(のちの六花亭)に入社され、

副社長を経て、

1995年、社長に就任されます。

 

2016年六花亭製菓社長を退任され、

その後、

『六花亭食文化研究所』の所長として

専念されています。

スポンサードリンク

六花亭の店・会社の場所

さて、「マルセイバターサンド」で

有名な六花亭ですが、

お店や会社の場所は、どちらなんでしょう。

 

というのも、たまに開かれる物産展で

「マルセイバターサンド」を

買うことはあっても、

場所を知らないな。

と思いまして、調べて見ました。

六花亭製菓株式会社の概要

会社名六花亭製菓株式会社
本社住所北海道帯広市
西24条北1丁目3-19
事業和菓子・洋菓子の製造販売
代表佐藤哲也
従業員数1346名

六花亭は、上記にも少し触れました

北海道で、江戸末期からある和菓子店

千秋庵の暖簾分けの店舗として

1933年に『帯広千秋庵』として創業

しています。

 

その後小田さんのお父さんである、

小田豊四郎さんが受け継ぎ、

戦争などいくつも大きな混乱を乗り越え

和菓子を中心に店舗を継続していましたが、

地元北海道の酪農を活かした洋菓子などの

開発も行ってきました。

 

そして、1967年に豊四郎さんが

ヨーロッパ視察で現地の

チョコレート人気に着目し、日本でも

チョコレートが広がると感じ、

自社でチョコレート製造を始めたそうです。

 

先見の明がありますね。

 

その後、ホワイトチョコレートで人気が出て

拡大を図っていく中で、

『千秋庵』がある地域への店舗に出店が

出来ないことから、暖簾を返上し、

1977年、六花亭製菓として独立すること

になったそうです。

 

その『六花亭』改名記念に発売されたのが、

”マルセイバターサンド”

なんです。

 

これが大ヒットして、

商圏も北海道全域まで広がったそうです。

 

現在では、

帯広地域:16店舗

札幌近郊地域:40店舗

釧路地域:6店舗

函館地域:4店舗

旭川・富良野地域:5店舗

合計で70店舗以上になります。

 

凄いですね。

 

年商も、グループ全体で、

196億円と桁外れです。

あわせて読みたい
木村美貴子(銀座木村屋)学歴とプロフ!年収は?結婚(夫・子供)や父(信義)との確執がヤバい?木村屋歴代社長は?【マツコ会議】2018年8月4日(土) 23:00 ~ 23:30放送 【マツコ会議】に 銀座の若手跡取り会(銀実会)が特集され そ...

六花亭の商品(マルセイバターサンド)の価格

さて、六花亭といえば、

マルセイバターサンドですが、

現在通販でも取り扱っているみたいです。

 

というか、調べてみると、

六花亭では、1996年から

ネット通販を開始されていたそうです。

 

凄いですね。

96年といえば、まだWindows95の時代

ですよ。

 

20年以上前から、

現在のようなネット社会を

予見されていたんですね。

 

さて、そんなネット通販で

人気のマルセイバターサンドは、

アマゾンや楽天などでも

買えるそうなので、

良かったらこちらから買ってみては

いかがでしょうか?

スポンサードリンク

小田豊さんの年収は?

さて、およそ200億円の年商の大企業の

社長さんだった小田さんの年収は

どのくらいだったのでしょうか?

 

当たり前ですが、

年収などの公表されていませんww

 

ただ、

従業員数が1300人以上

で大卒初任給が、22万円と

社員さんに対してかなり優遇されて

いるので、

必ずしも、社長であった小田さんが

高収入だったとは限りませんが、

それでも、

数千万円の年収はあったのでは?

と思われます。

 

推測ですが、

1000万円〜2000万円くらいでは

なかったかと思われます。

 

現在は、

関連の『六花亭食文化研究所』の所長に

就任されているので、

おそらく年収としては下がったと思われ、

現在は、1000万円未満ではないかと

思われます。

 

どちらにしても、凄いですね。

あわせて読みたい
佐藤勲の経歴とプロフ!創造花火でベルリンの壁崩壊へ 【世界ナゼそこに?日本人】佐藤勲(さとう いさお)さんが、 世界ナゼそこに?日本人で特集されます。 今回は、佐藤勲さんの経歴とプロフィール ...

小田豊さんのご家族(嫁・子供)は?

さて、現在六花亭の社長は、

佐藤哲也さんが取り仕切っているとのことで

初めて、小田家以外からの社長という

ことで、注目を集めていますが、

ご親族ということなのでしょうか?

 

調べてみましたが、

どこにもそのような記述はなく、

血縁以外からの就任だったみたいです。

 

となると、

小田さんのご家族は?

と気になり、調べてみました。

 

詳しいことは

ほとんどわかりませんでしたが、

娘さんがいることは、

由紀さおりさんのブログから判明しており

ご結婚され、娘さんがいらしていることは

わかりました。

 

ただ、奥さんや娘さんのお名前や

経歴については不明でした。

 

何か情報が入り次第、

追記したいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は、

小田豊さんのwiki風プロフィールや、

六花亭の店の場所や商品の価格や

小田豊さんの年収や家族(嫁・子供)について

調べて見ました。

 

10月4日のカンブリア宮殿では、

どのようなお話が出るのか楽しみですね。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク
 

関連記事はコチラ↓