訃報

モンキーパンチの死因は肺炎で遺産は?ルパン三世の今後や栗田貫一のコメントは?

漫画『ルパン三世』の作者として知られる

漫画家のモンキーパンチさんがお亡くなりに

なられたことが判明しました。

 

いきなりの報道でかなりびっくりでしたが、

最近でもルパン三世の新作が出るなど

ずっと活躍されていましたが・・・。

 

さて、そんないきなりの訃報ですが、

死因は肺炎だったとのことですが、

これまで闘病していたのか?

また遺産の行方も気になるところですね。

 

またこれまで長年続いてきたルパン三世ですが

今後はどうなるのか?

 

また、ルパン三世の声優として活躍されてきた

栗田貫一さんらの追悼コメントは?

 

ということで、『ルパン三世』の作者の

モンキーパンチさんの死因についてや、遺産

また『ルパン三世』の今後についてや、

声優として活躍した栗田貫一さんらのコメント

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

モンキーパンチの死因は肺炎で長年闘病していた?

大学で客員教授をされている動画ですね。

 

漫画を学ぶにはすごい勉強できる学校ですね

ww

 

さて、そんなモンキーパンチさんの

プロフィールがこちら

名前モンキー・パンチ
本名加藤一彦(かとうかずひこ)
生年月日1937年5月26日
出身地北海道厚岸郡浜中町
職業漫画家

 

モンキー・パンチさんは、1965年に漫画家

デビューを果たし、1967年には雑誌、

『漫画アクション』にて『ルパン三世』の連載

を開始され、1969年に連載が終わった後も

人気がで続けたルパン三世は、1971年に

テレビアニメ化され、以降実写や映画化など

多方面でメディア展開され、人気が不動のもの

になっていきます。

 

1967年というと、50年以上も前の作品

だったんですね。

 

さて、今回そんなルパン三世の作者

モンキーパンチさんがお亡くなりに

なられましたが、発表された死因というのが、

誤嚥性肺炎でお亡くなりになられたそうです。

 

誤嚥性肺炎とは、

食べ物が食道ではなく気管に入ってしまった場合、通常はむせて気管から排出する反射機能が働きます。
しかし、この機能が鈍ってしまうと、気管に入り込んでしまった食べ物を排出できず、結果として肺炎を起こすことがあります。

出典:エルメッド株式会社

とのこと。

 

実は、モンキーパンチさんは、ここ2、3年

体調を崩していたそうで、毎年地元北海道で

行われていたイベントにも欠席されていた

そうです。

 

また、2017年に行われたルパン三世の50周年

イベントには参加されていたそうですが、

車椅子での参加だったみたいです。

 

どうやら、長年闘病されていたみたいですね

 

どちらの病院で闘病されていたか?については

残念ながら情報は見つけることは出来ません

でした。

スポンサードリンク

モンキーパンチの遺産の行方は?

さて、モンキーパンチさんの葬儀は、

近親者のみですでに済まされたそうですが、

後日、改めてお別れの会を催すそうです。

 

さて、今回の訃報で少し気になったのが、

長年人気が続いた『ルパン三世』ですので

結構稼いでいたのでは?と思われますが、

残された遺産はどのくらいなんでしょうね。

またその遺産の行方はどうなるのでしょうか?

 

気になったので、調べてみますと、

ルパン三世の漫画としての連載は、実は

1967年〜69年のたった2年間だったそうで、

その後、アニメ作品の人気を受け、続編などを

短期的に出されていますが、実はそこまで

多くは出されていません。

 

となると、漫画家としての収入としてよりも

原作者としての版権などでの収入の方が多そう

ですね。

 

実際、テレビシリーズだけでも

1971年の第1シリーズ(緑ジャケットルパン)

から始まり、1977年に子供向けに作られた

第2シリーズ(赤ジャケットルパン)では

大人気作品になり、その後もスピンオフ作品を

含めて6シリーズ制作されています。

 

しかも最新作が作られたのが、2018年と

わずか1年前です。

 

また2014年に公開され話題になったのが、

小栗旬さん主演の『ルパン三世』ですね。

 

まぁ、こちらの作品自体は

人気は出なかったみたいですがww

 

また、テレビスペシャルも、次々と誕生し、

劇場用アニメも2019年効果のものも含め、

10作品もありますね。

 

50年以上前の作品がこれだけ人気が続くって

作品の魅力がすごくないとそんなに続かない

ですよね。

 

さて、話は戻しますが、これだけ長年アニメで

人気を誇っていた作品ですので、かなりの収入

があったのでは?と思われますが・・・。

 

実は、このメディア展開自体は、そんなに作者

には収入としては行かないそうなんです。

 

もちろんある程度はいきますが、

実は数年前公開されたテルマエロマエの作者

ヤマザキマリさんが映画公開での収入を問われ

100万円と答えていました。

 

めっちゃ少なく感じますね。

まぁ、契約次第みたいですが・・・。

 

まぁ他のグッズの展開やパチンコでの版権も

あるでしょうから、少ないとはいえない

でしょうが、何百億円とまでは行かないと

思われます。

 

とはいえ、流石にあれだけの人気作品の作者

ですし、大学の非常勤講師もされているので、

遺産としてはなん億円単位ではあるとは

思われますね。

 

さて、そんな遺産の行方は?

と言いますと、一般的に考えると

ご遺族の方にいきますね。

 

モンキーパンチさんには息子さんがいる?

という情報もありましたが・・・

 

残念ながら、モンキーパンチさんのご家族

についての情報については見つけることが

出来ませんでした。

 

まぁ基本、一般人ですので仕方ないのかも

しれませんが・・・。

 

しかし、何億円もの遺産って、考えたら怖い

かもしれませんね。

スポンサードリンク

ルパン三世の今後は?

出典:ルパン三世NETWORK

さて、今回の急な訃報で気になるのが、

『ルパン三世』についてですね。

 

実は、漫画『ルパン三世』には明確な

最終回がないんです。

 

まぁ1話完結の作品ですし、それが長年続いた

理由でもあるでしょうから。

 

実は、10年ほど前にある新聞社の取材で、

最終回の構想もあったが、今は思案中。

完結させないままバトンを渡すのもいい

出典:スポニチ

とのことだそうで、

実際、上記にも少し触れていますが、

2019年にも10作品目となる劇場公開作品

が進行中だそうです。

 

確かに最終回とか見たいか?と問われたら

今はまだ見たくはないですが・・・

 

とはいえ、モンキーパンチ版の最終回の構想

も今となっては気になりますね。

 

どこかに保存されていないのかな?

と考えちゃいますね。

スポンサードリンク

ルパン三世の声優栗田貫一の追悼コメントは?

さて、ルパン三世といえば、やはりアニメ

のイメージが強いですが、

主人公ルパン三世の声優は山田康雄さんが

お亡くなりになって以降は、モノマネ芸人

として活躍されていた栗田貫一さんが引き継ぎ

長年演じていらっしゃいますが、

今回のモンキーパンチさんの訃報を受け、

お悔やみのコメントが、こちら

声優経験のない自分が、先生から大切な「ルパン三世」をまかせていただき二十数年。

 初めてお会いした時からずっと変わらず、いつも笑顔で、優しく、穏やかで、温かく。

 終わりのない不安とプレッシャーの日々の中、笑顔で接してくださる先生に救われていました。

 「何も心配するな」……と、守られていた気持ちでした。

 先生の故郷・浜中町に何度もご一緒させていただき、いろいろなお話をうかがったのは自分だけの宝物にさせていただきます。

 本当にありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 栗田貫一

また、次元大介役の小林清志さんや

石川五右衛門役の井上真樹夫さん、さらに

峰不二子役を長年勤めた増山江威子さんなど

のコメントについても、可能な限り追記

したいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は『ルパン三世』の作者のモンキーパンチ

さんの死因や闘病についてや、遺産

また『ルパン三世』の今後についてや、

声優として活躍した栗田貫一さんらのコメント

について調べてみました。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ↓