クレイジージャーニー

峯水亮のWIKIプロフ年収や嫁(妻)や子供は?機材・写真集は?ハマった理由がヤバい?[クレイジージャーニー]

『クレイジージャーニー』に28年間も

プランクトンを撮り続ける写真家の

峯水亮(みねみず りょう)さんが登場します。

 

プラントンと言えば、海に漂うちっちゃい

あの生物ですよね。ww

 

これまでプランクトンに全く興味がなかった

自分からすると、

どこのそんな面白さがあるのか?

と思っちゃいますねww

 

なんとなくは知っていても詳しくは知らない

プランクトンですが、何故に峯水さんは

28年間も撮り続けているのでしょうか?

なんとも面白そうな方ですね。

 

今回はそんな峯水さんについて、

これまでの経歴や出身高校や大学などの

wikiプロフィールや、気になる年収やww

家族・嫁(妻)や子供について、さらには

プランクトンにハマったキッカケ(理由)や

機材についても調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

峯水亮さんの経歴やwikiプロフィール

名前峯水亮(みねみず りょう)
生年月日1970年
出身地大阪府枚方市
職業海洋写真家
所属峯水写真事務所

さて、海洋写真家として活躍する峯水さん

ですが、高校や大学などはどちらに

行かれていたのでしょうか?

 

調べてみると、

峯水さんは地元大阪の有数の進学校に

行かれていたそうですが、

16歳の時に自主退学されていたそうです。

 

当然、周りからは猛反対にあったそうですが、

当時の峯水さんは反対を押し切り、

退学を実行されます。

 

その理由とは、当時ハマっていた音楽活動に

のめり込むうちに高校生活が無意味に思えた

とのこと。

 

そりゃ周りの人も反対しますねww

 

そんな峯水さんですが、

なんのツテもないまま、上京し吉祥寺で

バンド活動を始められたそうです。

 

イケイケですね。

若いからというより、のめり込みやすいから

というところでしょうか。

 

そんな峯水さんですが、

数年間本気で音楽活動をしたそうですが、

自分に才能は無いと感じたそうで、

音楽活動を断念します。

 

まぁ、本当に才能がある人って

なかなかいないですし、仮にあっても

なかなか認められるまでに時間がかかります

からね。・・・

 

とは言っても、まだ19歳だった峯水さんは、

東京を離れ、静岡に移住したそうです。

 

しかし、このエピソードだけでも

峯水さんがイケイケww

というか、周りの目を気にせず一直線に

活動できる人だというのはわかりますね。

 

さて、静岡に移住した峯水さんですが、

そこからどのようにしてプランクトンを

追いかける写真家になったのでしょうか?

 

なんとも気になりますww

スポンサードリンク

峯水亮さんやプランクトンにハマったキッカケは?

静岡に移住した峯水さんですが、

生活のために一般の企業に就職され

働いていたそうです。

 

そんな峯水さんに転機が訪れたのも、

実はその会社の上司だったそうです。

 

峯水さんは一緒に働いていたその上司の方が

ダイビングインストラクターをされていた

そうで、峯水さんも誘われ、初めて

体験ダイビングに出かけられたそうです。

 

そこで、こんな面白い世界があるんだ

と感動した峯水さんは、本来のイケイケの

行動力でダイビング資格を取得し、

その上司の方が経営していた

ダイビングショップに就職してしまいます。

ww

 

さすがですねww

 

当時は、ダイビングブームが始まった時期

だったそうで、峯水さんは、

仕事以外の時間も海に潜っていたそうで、

どんどん実力をつけていったそうです。

 

程なくして、知人から水中撮影の機材を

譲り受けた峯水さんは撮影にものめり込んで

いきます。ww

 

ここまでみていると当然な感じもしてきますね

ww

 

そののめり込み方も尋常ではなくなり、

給料を前借りしなければならないほど

フィルム代や現像代が嵩んだそうです。

 

さすがww

 

実は、その時にクラゲを撮影したのだそうです

当時は当然フィルムカメラです。

実は当時のカメラではクラゲなどの

透明感というか透けている被写体は

なかなか上手く撮れなかったそうです。

 

峯水さんも当然失敗の連続だったそうですが

ある時に自身でも驚くほど上手く撮れたそうで

思わず見入ってしまったそうです。

 

ここがプランクトンに魅入られた

きっかけだったんですね。

スポンサードリンク

峯水亮さんの独立のキッカケは

さて、そんな峯水さんですが、自分のウリを

身につけようと、自身で撮影したエビやカニ

などを学者の方に確認のため送った際に

今まで撮影されていない種類を

見つけてしまったそうで、これは本を出そう

と思い、雑誌の連載を始められたそうです。

ww

 

その後、本格的に海洋写真家として活動を

するため、ガイド業を辞め、独立を果たします

 

このままトントン拍子かと思いきや、

なかなかうまくいかないのが世の中ww

 

3年ほどはなかなか目が出ずアルバイトなどを

こなしながら、生活を続け

3年目の2000年に初めて写真集を出します

 

執念ですね。

イヤ、さすがです。

スポンサードリンク

峯水亮さんの機材は?

さて、そんな海洋写真家の峯水さんですが

どのような機材を使っているのか?

調べてみますと、

  • Canon EOS 5DMarkⅣ(4K30P) with Anthis Nexus Housing
  • Canon EOS 5Ds with Anthis Nexus Housing
  • Canon EOS 5DMarkⅡ
  • Canon EOS 70D with INON X2 Housing
  • SONY PXW-Z100(4K60P)

と、

Canonがメインとなっているみたいですね

まぁプロの方が使うものなので、

やはりお高めですねww

次のページでは

峯水亮さんの年収や写真集がヤバい?
家族・嫁(妻)や子供は?
次のページをクリック↓

1 2