訃報

マサ斎藤死因はパーキンソン病?服役していた!巌流島決戦は?【訃報】

16日、元プロレスラーの

マサ斎藤(本名、斎藤昌典)さんが、

14日未明に亡くなられた事が

判明しました。

「GO for broken」(当たって砕けろ)

を信条に長年活躍され、

アントニオ猪木との巌流島決戦

など名勝負を繰り広げて行かれました。

 

また、一線を退かれてからは、

ワールドプロレスリングの解説

などもされていたので、

プロレスファンの方には

非常に馴染みが深い方だと思います。

 

今回はそんな

マサ斎藤さんについて

調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

死因はパーキンソン病!

さて気になる死因ですが、

 

1999年に引退された翌年、

パーキンソン病を発病と

公表されておりました。

 

パーキンソン病は、

発病後、余命15年と言われており、

マサさんも、

パーキンソン病が原因で

亡くなられたと考えられます。

 

パーキンソン病とは、

神経伝達物質の一つである、

ドーパミンが減少する事で起こる

病気で、

 

日本では、

1000人に1人の割合で

発症すると言われている病気です。

 

著名人で言いますと、

2016年に亡くなられた

ボクシングのモハメド・アリさんなども

この病気で闘病の末亡くなられています。

 

症状としては、

手足の震えや、こわばり、

転びやすくなるなど、

日常生活に支障が来るそうです。

 

マサさんの場合は、

顎の震えから症状が出始め、その後

転倒することなどが増え、

気づかれたそうです。

 

また、

この病気は、

現段階で、治療法が確立されておらず、

症状の緩和しか出来ない、

恐ろしい病気です。

あわせて読みたい
丸山晴茂死因は死亡率10%!アル中が原因!うつ・統合失調症?家族は?【訃報】15日、 サニーデイ・サービスのドラム、 丸山晴茂さんが実は、 今年の5月になくなっていることが、 所属事務所ス...

服役していた!

実は、プロレスファンの間では

非常に有名ですが、

マサ斎藤さんは、

かつて、

1年半ほど服役した事実があります!!

 

とは言っても、

 

ほとんど無罪だったそうですが・・・

 

1984年4月、

アメリカに遠征中だったマサさんは、

遠征先のホテルで同室だった、

ケン・パテラ選手が起こした、

器物破損事件について、

現地警察が、ホテルの部屋に押し入った際、

警察官をなぎ倒したそうです。ww

 

豪快ですねww

 

おそらく、日本だったら、

笑い話になるところでしょうが、

そこは、アメリカ!!

 

当然逮捕され、

裁判にかけられ、なんと有罪判決。

(投げ飛ばした相手に、女性警官もいた為・・)

 

当時は、日本とアメリカの

貿易摩擦で、排日感情が、

高かったことも、

要因の一つと考えられています。

 

結局、マサさんは、1年半の

刑務所生活を送ったそうです。

 

ただ、

それでくじけないのが、

マサさんです。

 

いい休養期間だと捉え、

刑務所内で、肉体改造に取り組みます。

そして、自身の代名詞となる、

監獄固めを開発します。

 

さすが、ただでは転びませんね。

 

スポンサードリンク

巌流島決戦とは?

巌流島決戦とはなんなのか?

 

1987年、

当時、新日本プロレス社長であった、

アントニオ猪木は、

巌流島決戦を構想し、

それに、マサさんが

名乗りを上げ、

無観客試合、時間無制限、ノールールの

今考えると、

無茶苦茶な試合をされています。

 

 

あわせて読みたい
吉田光雄(長州力)在日2世!やばいエピソード!現在は?年収は5000万円?家族(嫁・娘)は?【引退示唆】7月10日 人気プロレスラーの吉田光雄さんが、 来年中のプロレス引退を示唆しました。 吉田さんって誰だ? ...

マサ斎藤さんのプロフィール

本名斎藤昌典
リングネームマサ斎藤
ミスター・サイトー
マサ・サイトー
生年月日1942年8月7日
没年月日2018年7月14日
出身地東京都中野区
職業プロレスラー(元)
信条 「GO for broken」
(当たって砕けろ)

マサさんは、明治大学在学中に、

全日本選手権の

フリースタイル・グレコローマンの

両ヘビー級で優勝し、

日本代表で、

東京オリンピックに出場されます。

 

すごいですね。

違うスタイルでどちらも優勝!!

そもそもの、

パワーが違ったんでしょうね。

 

そして、

大学卒業後の1965年、力道山率いる、

「日本プロレス」に入門されます。

 

しかし、翌年には離脱し、

東京プロレスを経て、

アメリカに渡り、一人で活動されます。

 

アメリカでは、

ヒールとして、長年活躍し、

数々のタイトルを獲得します。

 

その後、日本では、

新日本プロレスなどに参戦します。

 

しかも、プロレスラーとしてだけでなく、

当時、

あまり人気外国人を招集できなかった

新日本に対し、外国人招集のキーマン

としても活躍されます。

 

海外で長年活躍された

マサさんだからこそできたんでしょうね。

 

その後、後輩長州力が結成した

維新軍団の参謀として、活躍します。

 

スポンサードリンク

引退後

さて、長年プロレスラーとして

活躍されてきたマサさんですが、

 

1999年、

自身が見つけ、育て上げた

当時のトップレスラー

”超龍”スコット・ノートンと

引退試合を行い、

バックドロップで巨体を投げるなど、

往年のパワーをファンに見せつけました。

 

筆者も、この試合を見ていましたが、

凄まじかったです。

なんせ、

当時のスコット・ノートンは、

前IWGPチャンピオンでしたから。

正直、試合前は、

マサさん大丈夫か?

と思っていましたが、

やっぱり、見せつけてくれました!!

 

さて、

引退後ですが、

上記の通り、パーキンソン病を

発病され、闘病生活に入られます。

 

しかし、2005年、

マサさんを師匠と慕う、

佐々木健介によって、

自身の「健介オフィス株式会社」の

アドバイザーとして招きます。

 

健介は、長州力率いるジャパンプロレスで

デビューしていますが、

その際、寮がなかった為、

マサさんの自宅に下宿させ、

色々アドバイスをもらっていたそうです。

 

その恩に答える為、

招集したとのことだそうです。

 

マサさんの人となりがわかりますね。

あわせて読みたい
倉持明日香の趣味・嗜好がヤバい!現在は?【有田と週刊プロレスと】先日、 俳優や歌手として活躍する 星野源さんが、 自身のラジオ番組で、 取り上げ、話題になっていた ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回の訃報を受け、

明治大学時代の同級生でもある

新日本プロレス相談役の

坂口征二さんは、

何と言っていいのかわからない。

男気に溢れた人間だった。

(中略)

近いうちに会いに行かなくちゃ

いかんなあと思っていた矢先の訃報だった

心からの哀悼の意を表します

出典:東スポ

 

また、

維新軍団、ジャパンプロレスなどで

行動を共にした、長州力さんは、

言葉が見つからない

とコメントしていたそうです。

 

 

マサ斎藤さんは、

長年、プロレスラーとしても戦い続け、

引退後も、病魔との戦いを続けてこられました。

 

長い戦い生活からようやく、

一息ついておられるのでは

ないでしょうか。

 

改めて、ご冥福をお祈りいたします。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

関連記事はこちら↓

 

 

スポンサードリンク