SWITCHインタビュー 達人達(たち)

小松義夫(写真)WIKI経歴!年収や出身高校や作品は?[SWITCH]

写真家の小松義夫(こまつ よしお)さんが

11月10日放送の

[SWITCHインタビュー 達人達(たち)]

に出演されます。

 

今回は、そんな小松義夫さんの

wikipedia風プロフィールや経歴、

出身の高校や大学は?年収や作品は?

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

小松義夫さんのwikipedia風プロフィール

名前小松義夫(こまつ よしお)
生年月日1945年
出身地 東京都
職業 写真家
所属 フリーランス
アボカド共和国

小松義夫さんの経歴

出典:NHK

小松さんは、

終戦の年である昭和20年(1945年)に

東京都で生まれます。

 

学生の時から写真に対し、

強く興味を惹かれ、

将来はプロのカメラマンになりたいと、

考えるようになったそうです。

 

高校卒業後は、

写真の専門学校に入学され、

プロカメラマンを目指されます。

 

卒業後は、スタジオカメラマンとして

1年ほど勤務されたそうですが、

「自分の撮りたいものが撮れない」

という現実にぶつかり、

退職され、以後フリーランスのカメラマン

として活動されます。

 

1981年には、

カラコルム・ヒマラヤにある、

標高世界第2位の山として有名な

『K2』の登山隊に同行する

ムービーカメラマンとして、

ドキュメンタリー番組『K2西壁』の

番組制作に参加などもされています。

 

K2に登るだけでも大変なのに、

撮影しながらって、

めっちゃ大変ですね。

 

その後は、

人や家族を包む形『家』をテーマに

世界各地で撮影を30年以上

続けられており、

また各種雑誌などにも長期の連載を

持たれるなど、

人気のカメラマンさんです。

スポンサードリンク

小松義夫さんの出身の高校や大学は?

小松さんが、カメラマンを

目指し始めた高校時代ですが、

どちらの高校だったのでしょうか?

 

調べてみますと、

東京都立雪谷高等学校を卒業されています

 

高校卒業後は、

プロのカメラマンを目指し、

東京総合写真専門学校に入学され、

写真の撮り方など、

プロのカメラマンになるべく

勉強を重ねられます。

 

小松義夫さんの年収

さて、30年以上、家をテーマに

写真を撮り続けている小松さんですが、

フリーのカメラマンだと、

どのくらい年収があるのか、

気になりますね。

 

今回一般的なカメラマンの年収を

調べてみますと、

平均は440万円だそうです。

 

もっとも、これは、

出版社などに勤めていらっしゃる

方も含めての年収額ですので、

なんとも言えませんね。

 

小松さんのように、

一つのことに特化して撮影する

フリーのカメラマンですと、

どうなんでしょう。

 

さらに調べてみると、

フリーなので、

稼げるようになったら、

1000万円以上も稼ぐ方も多いようで、

フリーで稼いでいらっしゃる方ほど、

何かに特化して撮影されていますね。

 

となると、小松さんも

年収1000万円以上あるのかもしれませんね

 

いやぁ、夢ありますねww

スポンサードリンク

小松義夫さんの作品

さて、

『家』をテーマに、30年以上

写真を撮り続けている小松さんですが、

作品はどんなものがあるのでしょうか?

 

調べてみますと、

1999年に福音館書店から出版されました

『地球生活期-世界ぐるりと家めぐり-』が

翌年、2000年に、

産経児童出版文化賞を受賞されています。

 

他にも、

『地球人記』、

『世界あちこちゆかいな家めぐり』、

などの写真記シリーズなどは

人気シリーズとなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は写真家の小松義夫さんの

wikipedia風プロフィールや経歴、

出身の高校や大学は?年収や作品は?

について調べてみました。

 

11月10日放送の

[SWITCHインタビュー 達人達(たち)]

では、建築家の伊東豊雄さんとの

対談ですね。

 

どんな内容になるのか楽しみですね。

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク
 

関連記事はコチラ↓