プロフェッショナル 仕事の流儀

小幡寿康(あんこ職人)年収や通販は?今現在の店情報やWIKI経歴がスゴい?

『プロフェッショナル 仕事の流儀』に

菓子職人の小幡寿康(こばた としやす)さんが

登場します。

 

小幡寿康さんは、放浪の菓子職人と言われて

いるそうで、元々は皇室御用達の菓子職人

だったそうですが、その後店を次々と渡り

歩いているそうです。

 

なぜそんなに渡り歩いているんでしょうか?

それだけの実績があれば自分でお店を出すこと

も不思議ではありませんが・・・

 

実は小幡寿康さんは型破りな方法で炊かれた

小豆本来の香りと味を全国の職人さんたちに

伝えているそうで、これまでに30店舗以上の

菓子店を再建してきたそうです。

 

小幡寿康さんが作るあんこは絶品だそうで、

老舗の和菓子店の職人さんからも教えを

請われているそうです。

 

めっちゃ凄い方じゃないですか!!

 

今回はそんな絶品あんこ職人・小幡寿康さんの

wikiプロフィールやこれまでの経歴、

今現在の店の場所情報や通販・お取り寄せは?

年収や結婚・嫁(妻)や子供は?などについても

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

あんこ職人・小幡寿康さんのwikiプロフィールや経歴


なんとなくあんこって食べる機会多いですが、

あんこを作るのに

こんなに手間がかかっているんですね。

 

もっともこの動画は小幡寿康さんが

作っている製法とは

違いますが、やっぱり大変そうですね。

 

さて、絶品なあんこを作り出す菓子職人

小幡寿康さんwiki風プロフィールが

こちらです。

名前小幡寿康(こばた としやす)
生年月日1947年
(2019年4月現在:72歳)
出身地不明
職業菓子職人

小幡寿康さんは、もともと和菓子メーカーに

入社され菓子職人として働いていたそうで、

そんな中で、皇室御用達の菓子を作る職人に

なったそうです。

 

その中で小幡寿康さんが作るあんこ炊きの製法

は格別だったそうです。

 

まぁ皇室御用達になるくらいですからね。

 

普通でしたら、それだけの職人さんですから

自分で独立を果たし、自慢の腕を奮う所ですね

 

所が、小幡寿康さんはなぜかご自身で店を

構えず、いろんな菓子店を渡り歩いて来られた

そうなんです。

 

しかも30店舗以上も!

 

なぜに?

という所ですが、そちらの情報については

残念ながら情報が出てきませんでした。

 

とはいえ、皇室御用達になる程のあんこ炊き

の職人さんですから全国の名だたる老舗の

菓子店から引っ張りだこだったそうで、

ご自身のあんこ炊きの製法をそれぞれのお店

に伝えていき、渡り歩いたお店の再建を

させてきたそうです。

 

和菓子店の再建請負人みたいな感じでしょうか

ww

 

しかし、俄然なぜそんな生き方を選択したのか

めっちゃ気になってきますね。

 

プロフェッショナルの放送が楽しみになります

ww

スポンサードリンク

あんこ職人・小幡寿康さんの今現在の店の場所情報や通販・お取り寄せは?

さて、そんな絶品なあんこを作る菓子職人、

小幡寿康さんがつくる和菓子を食べてみたい

ものですが、今現在のお店の場所情報などが

気になります。

 

早速調べてみましたが、残念ながら今現在の

お店に関する情報全く出てきませんでした。

 

まぁ、裏方に徹しているみたいなので、

ご自身についてはほとんど情報は公開されて

いないみたいですね。

 

究極のあんこ食べてみたいものですが・・・

 

そこでさらに調べてみると、これまでに

小幡寿康さんが再建したというお店を発見!

 

場所はなんと宮崎県にある『栗処さいごう』

というお店で、宮崎県東臼杵郡美郷町西郷地区

にあるそうです。

 

だいぶ山奥に行かれていたんですねww

 

もともとこの地区で生産されていた栗を

使った栗あんを作ることになり、技術指導者兼

顧問として小幡寿康さんが招かれたそうです。

 

また、伊勢の赤福や北海道の六花亭などでも

これまでにあんこ炊きの製造方法の指導を

されてきたそうです。

 

伊勢の赤福といえば、結構有名ですが、

ここも小幡寿康さんが関わっていたとは、

驚きですね。

また、北海道の六花亭というと、

マルセイバターサンドなど洋菓子のイメージが

強いですが、もともとは和菓子屋さんということも

あり、意外と和菓子にも力を入れているそうです。

その中でも、こちらの十勝産の小豆を使用した

六花亭の『ひとつ鍋』も小幡寿康さんの指導が

あったそうですよ。

どれも美味しそうですねww

スポンサードリンク

あんこ職人・小幡寿康さんの年収

さて、全国の老舗菓子店から再建請負人として

あんこ炊きの技術指導を全国でされている

小幡寿康さんですが、

これだけ引っ張りだこの職人産ですから、

正直な所、収入(年収)なんかも気になる所

ですね。ww

 

そもそも和菓子職人さんがどのくらいの年収

なのかもよく知らないので、少し調べてみたい

と思います。

 

さて、全国の和菓子職人さんの年収ですが、

調べてみますと、平均がおよそ340万円!

だそうです。

 

結構低いと感じちゃいますね。

まぁ、入ったばかりの新人さんを含めての

年収額でしょうから、ある程度は仕方ないかも

しれませんが・・・。

 

さらに詳しく調べてみますと、

新人さんは、200万円前後

一人前の職人でも300万円程度だそうで、

大企業の和菓子職人さんやオーナーさんにでも

ならない限り、結構年収は低いみたいですね。

 

まぁとはいえ、全国の老舗菓子店から

引く手数多のあんこ職人小幡寿康さんの場合

だと、かなり違うのでは?

と思われます。

 

なにせ、和菓子の基本となるあんこの

驚異の作り方を教えているんですから、

流石に300万円くらいではないでしょうww

 

流石に、小幡寿康さん自身で年収は公表する

なんてことはないでしょうから、

ざっくりと試算する限りですが、

全国を渡り歩くとなると、住居などの準備や

生活基盤となるものなどの準備も必要になる

でしょうから、やはり1000万円以上は

あるのでは?と思われます。

 

まぁあんこ炊きの技術指導はもとより、

再建請負人と考えれば、安い出費となるのかな

と思われます。

スポンサードリンク

次のページでは

小幡寿康さんのご結婚やご家族は?

嫁(妻)や子供(息子・娘)は?

次のページをクリック↓

1 2