激レアさんを連れてきた。

北山靖議トライアングルを作った経緯や値段や年収は?経歴プロフ[激レアさん]

『激レアさんを連れてきた。』にキタヤマさん

こと、北山靖議(きたやま やすのり)さんが、

登場します。

 

キタヤマさんとは、どんな人なのか?

激レアさんの予告には、

趣味でトライアングルを作ってみたら、今まで聴いたことのないような神がかった音が出て世界中の楽団から注文が殺到している人

出典:Yahoo テレビ

とのこと。

 

そもそも、趣味でトライアングルを作るという

時点で、なんとも興味深い人ですねww

少なくとも、自分のこれまでの経験で、

トライアングルに対し、そこまでの情熱を

持ったことがないのでww

 

しかも、独学で作ったのにも関わらず、それが

今まで聴いたことのないような神がかった音

というのも、どんな音なのか気になります

 

今回はそんなキタヤマさんこと北山靖議さんの

これまでの経歴やプロフィール、さらに

トライアングルを作った経緯や

トライアングルの値段やキタヤマさんの年収

などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

キタヤマさんこと北山靖議さんの経歴やプロフィール


キタヤマさんが作ったトライアングルの

音色です。

 

なんとも素晴らしい音色ですね。

 

さて、そんなキタヤマさんこと北山靖議さんの

プロフィールがこちら

名前北山靖議(きたやま やすのり)
生年月日不明
出身地東京都世田谷区
職業トライアングル職人
経営者
所属北山トライアングル代表
北山珈琲店

キタヤマさんは、子供の頃から

いろんな音色に非常に敏感な子供だった

そうで、小学校に進む時期に選んだ学校を

選択した理由が・・・、

『階段を登る時の音色がよかった』から

とのこと。

 

う〜ん、そこに気を使ったことがないから

なんとも言えませんがww

繊細なお子さんだったんでしょうね。

 

そんなキタヤマさんは、中学校に進むと、

ビートルズやYMOにハマりどんどん音楽の虜

になっていったそうです。

 

そんな北山さんですから、バンドの世界に足を

突っ込むことになりますね。

 

まぁ、この辺りは理解出来ますね。ww

 

バンドではドラムを担当しており、

60年代の音楽で頻繁に取り扱われていた

ティンパニーなど打楽器に

興味が湧いたそうです。

 

そんな北山さんは大学へ進学されてからも

ドラマーとして活躍されます。

 

元々繊細な感性を持っていた北山さんが、

打楽器に興味を持ったことまでは

わかりましたが、そこからナゼに、

トライアングル?と思いますねww

失礼を言えばあまり目立たない楽器という

印象ですが・・・。

スポンサードリンク

キタヤマさんこと北山靖議さんのトライアングルを作った経緯

さて、打楽器への探究心が強かった北山さん

ですが、それが高じて、打楽器の修繕(リペア)

などもするようになっていったそうなんです。

 

そして、いつかは自分でも打楽器を作って

みたいなと考えていたそうです。

 

そんな北山さんに友人から

オーケストラへのエキストラとして参加して

欲しいと言われたキタヤマさんですが、

そこでトライアングルに出会います。

 

まぁトライアングルとの出会い自体は、

子供のころにあったのでしょうがww

 

北山さんがオーケストラで出会った

トライアングルというのが、

ドイツの楽器職人が作った10万円もする

高級なトライアングルだったそうです。

 

そのトライアングルとの出会いにより、

元々の打楽器を自分でも作ってみたいという

思いもあり、これを作ってみたいと思い立った

そうです。

 

まさか、誘った友人もそこからトライアングル

を作るなんて思ってもいなかったでしょうねw

 

そんな理由というか、思いつきでキタヤマさん

のトライアングル製作が始まったそうです。

あわせて読みたい
吉田克己のラーメン店の場所や通販お取り寄せは?口コミ評判や年収は?[激レアさん]趣味でやっているラーメン店が、ミシュランに評価されちゃった激レアさんこと吉田克己さんのこれまでの経歴やプロフィールラーメンのこだわりや店の場所や情報は?ラーメン店の評判・口コミは?気になる年収は?などについて調べてみました。...

キタヤマさんこと北山靖議さんの北山トライアングルの値段は?

さて、そんな思いつき?で始めた

トライアングル製作ですが、

やはり試行錯誤の連続だったそうです。

 

まぁそりゃそうですね。ww

 

材料力学や機械工学の本などを片っ端から

開いてきたそうですが、チンプンカンプンw

また、金型造形師の方にも相談するなど

したそうですが、

「音響のことは詳しくありません」

と言われ、キタヤマさんは、

一人で追求するしかないと考え、

試行錯誤しながらでも挑戦し続けようと

決意されたそうです。

 

スゴいですね。

多分自分だったら、どこかで気持ちが

折れてしまったのかなと思っちゃいますね。

 

さて元々音色などに敏感だったキタヤマさんが

試行錯誤して作ったトライアングルですが、

見事完成します。

 

そして、出来上がったトライアングルは、

「音色が素晴らしい」、「奇跡の音だ」と

絶賛の声が広がり、国内外から注文が殺到

するようになります。

 

そして、世界各国の一流の国立楽団からも

注文が来るようになり、現在では

予約が2年半待ちなんだそうです。

 

いやぁ、試行錯誤の甲斐がありましたねww

 

そんなキタヤマさんが製作しているのが、

『北山トライアングル』です。

 

そんなキタヤマさんのトライアングルの

値段(価格)はどのくらいなんでしょうか?

調べてみますと、現在こちらの5作品が

おすすめの商品みたいです。

  • Kitayama Triangle 33cm×9mm/¥101,088
  • Kitayama Triangle 24cm×7mm/¥62,289
  • Kitayama Triangle 15cm×9mm/¥48,600
  • Kitayama Triangle 12cm×7mm/¥36,936
  • Kitayama Triangle 15cm×7mm/¥81,000

そもそものトライアングルの一般的な価格が

わからないのですが、ww

48600円〜100000円以上となると

おそらく、少し高めなのではないでしょうか?

 

まぁ、予約待ちで2年半もあるほどの

大人気トライアングルですので、

そこまでの価格でちょうどいいのでしょうね。

スポンサードリンク

キタヤマさんこと北山靖議さんの年収は?

さて、なかなかのお値段のトライアングルを

製作されているキタヤマさんですが、

年収はどのくらいあるのかも気になりますね

ww

 

とは言え、なんとも難しいです。

キタヤマさんは、トライアングル以外にも

打楽器・オリジナル楽器製作や修理・カスタム

などもされているそうです。

 

調べてみますと、楽器に修理(リペア)などの

職業の方の年収自体は300万円以下とのこと

・・・。少ないですね。

 

とは言え、トライアングル製作がメインとは

思われますが、そもそも1つのトライアングル

を作るのにどのくらいの時間がかかるのか?

も不明ですし・・・。

 

また、北山さんはご実家が北山珈琲店という

喫茶店を経営されているそうで、

そちらでも働いているそうなんです。

 

とは言え、喫茶店での給料ってそんなに高い

イメージはないですね。

 

う〜ん、こうなると北山さんの年収(収入)の

推定もかなり難しいですねww

 

まぁ、世界中から大人気のトライアングル

を製作している北山さんですから、

300万円未満ということも考えずらいですが、

かといって、1000万円以上の高収入とも

考えずらいですね。

ですので、500万円くらいでは?というのが

自分なりの推定ですが、実際のところは

どうなんでしょうねww

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はキタヤマさんこと北山靖議さんの

これまでの経歴やプロフィール、さらに

トライアングルを作った経緯や

トライアングルの値段やキタヤマさんの年収

などについて調べてみました。

 

激レアさんを連れてきた。の放送では、

どんなエピソードが出てくるのか楽しみですね

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事はコチラ↓