沸騰ワード10

木下昌美のWIKI年齢や結婚・旦那(夫)や子供は?かわいいが妖怪新聞の記者で年収は?[沸騰ワード]

『沸騰ワード10』に妖怪文化研究家の

木下昌美(きのした まさみ)さんが登場。

 

妖怪?というと、『ゲゲゲの鬼太郎』や

『地獄先生ぬ〜べ〜』、『妖怪ウォッチ』

に出てくる妖怪ということでしょうかww

 

なかなかコアなところを研究されている

木下昌美さんですが、どんなきっかけで

『妖怪』にハマったんでしょうね。

 

そんな木下昌美さんですが、なんと

『奈良妖怪新聞』妖怪専門の新聞の

記者として執筆されているそうですが

そもそもどんな新聞なんでしょうか?

 

興味が湧いちゃいますね。ww

 

また、木下昌美さんってかなりかわいいw

ですが、現在の年齢はお幾つなのか?

またご結婚はされているんでしょうか?

 

これだけかわいい木下昌美さんを射止めた

旦那(夫)はどんな方なのか?

またお子さんはいらっしゃるんでしょうか

 

今回は妖怪文化研究家の木下昌美さんが

妖怪にハマった経歴やwikiプロフィール

奈良妖怪新聞の記者?で収入(年収)は?

かわいいけど結婚は?旦那(夫)や子供は?

などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

木下昌美さん(妖怪文化研究家)が妖怪にハマった経歴やwikiプロフィール

う〜ん、木下昌美さんめっちゃ美人!!

しかも話し方が色っぽいww

 

しかし、こんな美人がどうして『妖怪』

にハマり、妖怪文化研究家になったのか?

ますます謎が深まります。

 

そんな妖怪文化研究家の木下昌美さんの

wikiプロフィールがこちらになります。

名前木下昌美(きのした まさみ)
生年月日不明
出身地福岡県宗像市
職業妖怪文化研究家
最終学歴奈良女子大学大学院

残念ながら、木下昌美さんの生年月日や

年齢についての情報は見つけることは

できませんでした。

 

しかし、あれだけの色っぽさですから

20代前半ではないでしょうから、

20代後半から、30代前半といったところ

でしょうか?

 

と思っていたら、2年前の記事を発見!

その当時29歳と記載されていました。

 

ということは、30歳or31歳くらい

でしょうか?

 

さて、木下昌美さんは、元々は

福岡県宗像市で生まれ生まれ育ちます。

 

実は木下昌美さんは子供の頃から

本をよく読んでいたそうで、その中でも

怪しい話が大好きだったそうで、

『まんが日本昔ばなし』を夢中でご覧に

なっていたそうです。

 

また『ゲゲゲの鬼太郎』の作者

水木しげるさんの作品も大好きだそうで、

特に『のんのんばあとオレ』が今でも

愛読書だそうです。

 

さて、そんな妖怪好きだった木下昌美さん

ですが、地元の高校を卒業後、

京都にある同志社大学へ進学されます。

 

実はこの同志社大学を進学先に決めた理由

がなんと『妖怪』の研究が出来るからだった

そうです。

 

やっぱり『妖怪』なんですね。ww

 

また、大学卒業後進学された奈良女子大学

大学院でも『説話文学における鬼』という

テーマで研究していたそうです。

 

どこまでも『妖怪』なんですねww

 

そんな木下昌美さんですが、

大学院を卒業された2012年には

奈良日日新聞へ入社されますが、

3年在籍された後、退社され、

フリーライターとして活動を開始され、

ウェブニュースサイトの

「ロケットニュース24」で記事を書いて

いたそうです。

 

そんな妖怪好きなフリーライターさんの

木下昌美さんがどうして妖怪文化研究家

になったんでしょうか?

 

謎は深まりますねww

スポンサードリンク

木下昌美さん(妖怪文化研究家)は奈良妖怪新聞の記者?

さて、子供の頃からの妖怪好きな

木下昌美さんですが、実は、

新聞記者として働いていた当時から

あくまでご自身の趣味として

『大和妖怪めぐり』というブログを執筆

されていたそうです。

 

う〜ん、大学院まで『妖怪』について

勉強され、その後就職され新聞記者として

文章を書くスキルがある人が作る

『妖怪』専門ブログ・・・

めっちゃ面白そうですねww

 

実際、そのブログにファンがたくさん

できたそうで、ファンの方からの要望で

講演会をされたりしていたそうです。

 

めっちゃスゴいですね。

 

そんな木下昌美さんが現在執筆されている

のが『奈良妖怪新聞』です。

 

新聞といっても毎月1回発行している

電子新聞です。

料金は1冊540円だそうです。

興味がある方・新聞を購入したい方はこちら

 

さて、奈良妖怪新聞で執筆の傍ら、

木下昌美さんは妖怪関連のツアーや講演

なども精力的にこなされ、

妖怪文化を後世に残すように努力されて

います。

 

そんな木下昌美さんですが、

妖怪文化研究家としての活動だけで

収入(年収)は大丈夫なんでしょうか?

スポンサードリンク

木下昌美さん(妖怪文化研究家)の収入(年収)は?

さて、妖怪文化研究家として活動する

木下昌美さんですが、正直なところ、

収入(年収)事情も気になるところ。

 

フリーライターさんということは、

かなり収入(年収)も厳しいのか?

もしくは結構貰っているのか?

 

興味が尽きませんww

 

まぁ、流石にご自分で公開しているわけ

は無いと思いつつ調べてみると、

流石に金額までは話されていませんが、

収入について言及されている

記事を発見!!

 

毎月の発行物(奈良妖怪新聞)と、それを本にまとめた総集編を販売しているので、毎月ある一定額は決まった収入があります。ありがたいことに、講演も月に何本か入りますし。足りない分は、ウェブメディアに記事を売ったりして稼いでいます

(中略)

会社員をしていた頃よりは稼いでいます。

出典:exciteニュース

と語っておられました。

 

木下昌美さんは奈良県の地方紙の新聞記者

をされていたので、その当時の年収から

想定されたお話だと思われますが・・

 

・・・そもそも、

新聞記者さんって、どのくらい

年収を貰っているのか?

というのが気になっちゃったので、

早速調べてみますと・・・

 

奈良県の地方紙の新聞記者さんの

平均年収は846.0万円(出典:平均年収.jp)

とのことです。

 

まぁ、当時卒業したての新人記者さん

だった木下昌美さんがそんなに貰っていた

とは思えませんがww

 

それでも400万円くらいの年収は

あったと思われます。

 

それより、少しは稼いでいるということは

500万円前後はあるということ

でしょうかね。

 

う〜ん、めっちゃ貰っているというわけ

でもなく・・・、

少ないというわけでも無い結果でしたね。

 

まぁ、あくまで予想ですからね。

 

もしかしらら、今の年収はめっちゃスゴい

金額になっているかもしれませんんがww

スポンサードリンク

次のページでは

木下昌美さん(妖怪文化研究家)がかわいいけど結婚は?旦那(夫)や子供は?

次のページをクリック↓

1 2