訃報

加藤剛(大岡越前)闘病の末の訃報!死因は?息子がイケメンすぎる

7月9日、

時代劇ドラマ「大岡越前」などで知られた

俳優の加藤剛さんが、

先月の18日に

すでに亡くなられていたことが

わかりました。

 

葬儀、告別式はすでに執り行われており、

後日、改めてお別れの会を営むとのこと。

 

また一人、

昭和の名優が亡くなられました。

スポンサードリンク

闘病の末の訃報!死因は?

さて何より気になるのは、

死因ですが・・

 

死因については

胆嚢がん

ということでした。

 

タバコは吸わず、お酒も飲まず、

健康に人一倍気を使っておられた

加藤さんでしたが・・・。

 

 

2017年12月19日に

徹子の部屋に出演されていた際に、

かなりの激ヤセぶりに、

 

ネット上では、

病気・癌では?

という声が上がっていた矢先での

訃報でしたので

 

おそらく、長年病気と戦っておられたのではと想像されます。

https://flowsion.online/sato-takahiro-683

プロフィール

本名加藤 剛(かとう たけし)
生年月日1938年2月4日
没年月日2018年6月18日
出身地静岡県榛原郡白羽村
(現御前崎市)
職業俳優
代表作 大岡越前

父鉉一郎は小学校の校長。

姉四人と兄、弟がいる。

父・鉉一郎は剛を医者にしたかったらしいとのこと。

加藤家は古くからの大地主で、

戦後の農地改革で大半を失ったとはいえ

自宅の敷地は八百坪近くあったそうです。

性格は、いわゆる腕白少年ではなく、

母の台所仕事を手伝うなど、

いわゆる大人しくいい子だったそうです。

 

加藤剛さんらしいですね。w

 

そんな加藤さんが

俳優になったきっかけは、

高校の時の先輩に手伝えと言われたことが

きっかけで、

演劇の世界に興味を持ったそうです。

 

その後、早稲田大学文学部演劇科で学び、

大学4年時に俳優座養成所の入ります。

 

その後は、映画、テレビなど

映像関連で精力的に活動され、

 

1970年からは、

自身の当たり役となる

「大岡越前」がスタートし、

主役大岡越前忠相を演じます。

 

30年以上も演じられていたので、

大岡越前といえば、

加藤剛さんという方は多いと思います。

 

ドラマ大岡越前終了後は、

現代劇ドラマなどにも

出演しておられました。

スポンサードリンク

イケメンすぎる息子たち!家族(嫁・子供)は?

さて、そんな加藤さんのご家族ですが、

思いっきり芸能一家ですね。

 

まず、

妻:伊藤牧子さん

声優として活動されており、

ひょっこりひょうたん島の「ダンプ」役

で有名です。

 

長男:夏原諒さん

お父さんそっくりですね。

 

夏原さんは、俳優として、

テレビドラマや映画などに

出演されているみたいです。

 

次男:加藤頼さん

出典:俳優座

こちらも、

やっぱり加藤剛さんそっくりですね。

 

お兄さんと同じく俳優をされており、

こちらは、

舞台を中心に活動されているみたいです。

 

こちらの息子さんお二人は、

大岡越前最終回に

ゲスト出演もされていたみたいですね。

あわせて読みたい
市川九團次の破門理由は?海老蔵一門へ【梅沢富美男のズバッと聞きます!】2018年5月23日(水) 22:00 ~ 放送 梅沢富美男のズバッと聞きます! に、歌舞伎俳優の4代目 市川 九團次 (よだ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

昭和から平成にかけて、

時代劇、現代劇で活躍された

名優加藤剛さんについて

まとめてみました。

 

なお、

お別れの会は、9月22日に

俳優座劇場で執り行うとのことです。

 

改めまして、

ご冥福をお祈りしたいと思います。

スポンサードリンク