世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~

林健太郎(医師)がミャンマーで八角栽培やWIKI経歴がヤバい?[世界ナゼそこに?]

11月19日放送の

世界ナゼそこに?日本人に

ミャンマーで医師、そして人道支援実業家

として活躍されている

林健太郎(はやし けんたろう)さんが

登場します。

 

今回はそんな林健太郎さんの

wiki風プロフィールやこれまでの経歴、

ナゼミャンマーで活動されているのか?

ミャンマーでの八角の栽培とは?

また林健太郎さんの結婚や年収は?

さらには大事な人の死とは?

といったところも調べてみたいと

思います。

スポンサードリンク

林健太郎さんのwikiプロフィールや経歴

名前林健太郎(はやし けんたろう)
生年月日1974年?
現在44歳
出身地山形県酒田市出身
東京育ち
職業医師
人道支援事業家
所属国際NGOベアフット・ドクターズグループ

好きな言葉は、

”為せば成る為さねば成らぬ 成る業を成らぬと捨つる人の儚さ”

”倉廩満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知る”

 

趣味は、料理と世界を歩くこと

だそうです。

 

林さんは、山形県酒田市で生まれますが、

基本は東京育ちだそうで、

高校までは東京で過ごされます。

 

大学進学で沖縄に渡り、

琉球大学医学部を2000年に卒業され、

そのまま沖縄の大学病院で麻酔科、

救急救命医の研修医として過ごします。

 

そんな折、9.11同時多発テロが発生し、

沖縄に駐留するアメリカ軍が

イラクやアフガンに出兵するのを

目の当たりにされ、

林さんは、

僕は彼らとは逆に、
医者として人の命を救う
ことをしよう

とこの時、心に決め、

国内外の紛争、災害地や貧困地域での

医療活動を心に決めたそうです。

 

その後、勉強のため、

日本医科大学高度救命救急センターに

所属され、麻酔医、救命救急医として

活動されます。

 

2004年には国境なき医師団フランス支部

に加入され、

医師、調査員、コーディネーターとして

ミャンマー、スリランカ、ナイジェリア

イラクなどの紛争貧困地帯に行かれ、

人道医療支援活動に従事されます。

 

また2007年にはオランダ王立熱帯研究所、

コペンハーゲン大学、ハイデンバルグ大学

に留学もされています。

 

2010年には、国境なき医師団日本支部の

理事長に就任され、そちらで活躍しつつ、

同じ年に、

社団法人ベアフット・ドクターズグループ

を設立されます。

 

翌年に2011年3月には、

東日本大震災が発生し、

これを機に国境なき医師団を辞め、

東北の復興支援のため、

日本プライマリ・ケア連合学会

東日本大震災支援プロジェクト(PCAT)

を立ち上げ、

さらに、東日本大震災被災地における

地域医療を守る会を設立され、

代表理事に就任されています。

 

2013年には、

日本財団・ミャンマー医師会の

タイ国境地域医療振興プロジェクト顧問に

就任され、

また国立保健医療科学院、

健康危機管理研究部、客員研究員として

災害公衆衛生に従事するようになります。

 

また同時期に

社団法人八角平和計画研究所を設立され、

こちらの代表理事に就任されています。

 

国内の活動としては、2015年に

東京台東区にある医療法人同善会の理事長

に就任され、

2016年には千葉大学法経学部の

ASEAN統合研究の客員研究員に

なられています。

 

林さんのこれまでの経歴を

書き出してみましたが、

めっちゃすごい方なんですね。

スポンサードリンク

林健太郎さんはナゼ?ミャンマに行ったのか?理由は?

出典:公式Twitter

さて、現在ミャンマーを中心に活動されて

いる林健太郎さんですが、

ナゼ?

ミャンマーに行かれたのか?

ミャンマーにこだわる理由は?

気になりますね。

 

まず、林さんとミャンマーという国の

出会いは、国境なき医師団による派遣

でした。

 

当時内戦が収まり、

難民が帰還するということで

少数民族のいるカレン州やモン州で

診療活動に従事していましたが、

派遣活動中に内戦が再度勃発し、

活動継続が困難になったそうです。

 

その後

2008年、当時オランダに留学していた

林さんは、ミャンマーで起こった

サイクロン被害の救援要請に従い、

ミャンマーを再度訪れます。

 

日本ではあまり知られていませんが、

この災害で、死者・行方不明者合わせて

15000人と甚大な被害だったそうです。

 

この際に、現地の医療関係者と深く

知り合ったそうで、

政治的に不安定だったこともあり、

医薬品などが入手できずに、

林さんの自己資金などを使って、

仕入れていたそうです。

 

めっちゃスゴいですね。

 

ミャンマーでは、悪性のマラリアが蔓延

していたそうですが、

林さんたちの虫除けクリームを塗る

という活動で激減していったそうです。

 

また、出稼ぎに来た労働者による、

HIVや麻薬などの問題もあったそうですが、

先ほどの虫除けクリームの原料の栽培計画

が立ち上がり、一石二鳥のプロジェクトが

開始する直前に

なんと林さんご自身が

チフスにかかってしまい、帰国することに

なったそうです。

 

壮絶ですね。

 

さて、そんな林さんが帰国されたのが、

2011年の1月だったそうで、

なんとか治療が終わり、

またミャンマーで頑張ろうとした矢先、

東日本大震災が起こったそうです。

 

上記にも触れていますが、

林さんは、陸前高田市に支援に趣き、

活動されていたそうですが、

その際の

日本財団との縁で、再度ミャンマーに

行かれるようになったそうです。

 

どこか、ミャンマーと繋がっているのかも

しれませんね。

あわせて読みたい
乾和哉のWikipedia!ケニアで自給自足の生活の理由は妻との死別?ケニアで自給自足の生活をしている 乾和哉(いぬい かずや)さんが 11月5日放送の 『世界ナゼそこに日本人』 で...

林健太郎さんが八角栽培を始めた理由

さて、再々度ミャンマーを訪れた

林健太郎さんですが、

少数民族が住むカレン州やモン州に

再度訪れることになります。

 

そして、これまでの経験から、

医療活動も大事だが、

根本治療にはならない!!

それを支える経済活動が大事だと

感じた林さんは、

中華料理に使われる香辛料『八角』の

栽培を計画します。

 

実は『八角』は、精製することで、

致死性インフルエンザの備蓄薬

『タミフル』の原材料になるそうで、

2023年には『タミフル』の特許が切れて、

後発薬(ジェネリック)が大量に出てくる

ことからその需要を踏まえて、

2013年から準備を進め、

2014年から栽培を開始されたそうです。

 

もともと、八角は栽培するのに時間が

かかるそうですが、

現在のところ順調に生産のメドが

立っているそうです。

 

林さんは、事業を継続的に行うには、

寄付による運営ではなく、

ビジネスで運用していくことが重要と

考えており、クラウドファンディングで

出資してくれた方にお返しができる

仕組みづくりも考えているそうです。

 

確かに、自分たちで生活する力を

付けることで、それが結局は命を救う

ことにつながりますもんね。

スポンサードリンク

林健太郎さんの結婚は?

さて、海外で長年活動されている

林健太郎さんですが、

ご結婚は、されているのか?

 

調べてみますと、

2005年に結婚を機に鎌倉へ移住された

ということがわかりました。

 

ご結婚されていましたね。

 

では奥さんはどんな方なのか?

と思い、調べてみましたが、・・

全く出てきませんでした。

 

まぁ、林さん自身一般の方ですし、

わざわざプライベートを公表する必要は

無いのですが・・・

 

残念。

 

何かしら情報があり次第追記して

いきたいと思います。

あわせて読みたい
石井正治がインドネシアのこんにゃくで大人気!家族や会社の現在は?【世界ナゼそこに?日本人】世界ナゼそこに日本人に登場する石井正治さんがなぜインドネシアに渡り残ったのか、こんにゃくで大人気の理由は?石井正治さんの家族や会社の現在は?などについて調べてみたいと思います。...

林健太郎さんの年収は?

さてミャンマーを始め国内外で

忙しく働かれておられる林健太郎さん

ですが、

収入面、年収はどのくらいなのか?

気になりますね。

 

現在林さんは、

国内で医療法人の理事長をされています。

 

一応調べてみましたが、

平均年収は3125万円だそうですが、

失礼ながら、林さんの医療法人は

そこまで大きくないので恐らく

そこまではないと思われますが、

それでも1000万円くらいはあるのでは

ないかな?と思われます。

 

ちなみに客員研究員もされていますが、

こちらはほとんど給料などは無いそうです

!!

 

またミャンマーで行なっている活動では

どうなのか?

というところですが、

恐らくまだ収入面があるか?

となると厳しいのでは?

と思われます。

 

ですので、

現在林さんの収入は

医療法人によるところが大きいと

思われ、年収としては1000万円くらい

かと思われます。

(あくまで推定ですww)

 

もっとも、

あれだけミャンマーで無償で活動されて

いるので活動費などでかなり大変だと

思われますが・・・

スポンサードリンク

大事な人の死とは?
次のページをクリック

1 2