奇跡体験!アンビリバボー

フロイドマーティン(郵便)地元住民と交流!引退でサプライズ!スピーチで全米感動![アンビリバボー]

『奇跡体験!アンビリバボー』に

元郵便局員のフロイド・マーティンさんが

特集されます。

 

番組の予告では、

地元住民に愛された郵便局員の男性。彼が退職を迎えた時、地元住民がある計画を実行!全米が涙した感動のサプライズとは!?

出典:『奇跡体験!アンビリバボー』公式サイト

とのことですが、その郵便局員こそ

フロイド・マーティンさんなんです。

 

郵便局員と地元住民が起こした感動の

サプライズってどんなものだったのか

興味が尽きませんね。ww

 

今回は、フロイド・マーティンさんが

郵便局員になった経緯や地元住民との交流

そんなフロイドさんのリタイア(引退)の日に

地元住民が起こした奇跡・サプライズとは?

感動のスピーチや今現在は?

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

フロイド・マーティンさんの35年の郵便局員の経歴やプロフィール

出典:イミシン

フロイド・マーティンさんは、1975年に

地元であるジョージア州の高校を

卒業後、銀行で働いていたそうです。

 

そんなフロイドさんですが、

アメリカ合衆国郵便公社になんと

ヘッドハンティングされ、

郵便局で働くことになったそうです。

 

どうやら、フロイドさんって、

めっちゃ優秀な方だったみたいですね。

 

そして、フロイドさんは毎日、

ジョージア州アトランタの小さな町で

猛暑が続く夏の日も、寒さが厳しい冬も

毎日、トラックに乗って配達されていた

そうです。

 

なんとも、キツそうですね。

実際、フロイドさんは、

超肥満大国のアメリカの方にも関わらず、

かなりほっそりしたスリムな体型を

されていますね。

 

さて、そんな配達をする毎日を送る

フロイドさんは、楽しみがありました。

 

それが配達で回る街の住民とのふれあい

だったそうです。

 

とは言っても、笑顔で挨拶を交わしたり、

お互い手を振ったりと他愛もないこと

だったそうですが、

毎日のこうした積み重ねを35年間も

フロイドさんと地元住民のかたは続けて

こられたそうです。

 

当然ですが、そんなフロイドさんにも

いつも笑顔だけの毎日では無かった

みたいで、ご両親の死や、何より

お子さんも無くされているそうですが、

そんな中でもフロイドさんは毎日

地元住民の方に笑顔を送っていたそうです

 

同じ仕事でもやりがいを見つけられるか、

嫌がりながら続けるかで大きく違って

きますが、フロイドさんは毎日のやりがい

を見つけて仕事に取り組まれたんですね。

スポンサードリンク

フロイド・マーティンさんが35年の郵便局員生活を引退(リタイア)に地元住民は?

出典:イミシン

そんなフロイドさんですが、

年々ご自身の体力の低下を感じるように

なってきたそうです。

 

まぁ、アトランタといえば、

がっつり暑い場所だろうな、

とは日本人の自分でも感じるくらい

ですからww

 

配達をするトラックの中は、

真夏になるとかなり高温になるそうで、

しかも、当然歩き回ったりもされる

でしょうから・・。

 

20〜30代だったら、問題ないかも

しれませんが、50〜60代になるという

フロイドさんにはかなりキツイですね。

 

いや、まだ30代の自分でも、

このお仕事はかなりキツイですね。ww

 

郵便局員の方、佐川急便の方、

いつもありがとうございます。ww

 

さて、

体への負担が年々増えていくことを感じた

フロイドさんは、2018年の夏にとうとう

これまでの郵便局員の生活に

ピリオドを打つ決心を固めます。

 

そして、そんなフロイドさんに対して

地元の住民の方達は

これまで笑顔を毎日届けてくれた

フロイドさんのためにあるサプライズを

企画されます。

 

どんなサプライズなんでしょうね。

スポンサードリンク

フロイド・マーティンさんに訪れたサプライズとは?

出典:イミシン

そしてフロイドさんの郵便局員生活

最後、引退の日を迎えます。

 

フロイドさんはいつもと同じルートを

この日も回っていきますが、

いつもとは少々様子が違います。

 

いつものルートの郵便受けの前には

35年間毎日、フロイドさん

と顔を合わせていた地元住民の方

だったそうです。

 

地元住民の方達は、それぞれの家の

郵便受けの前でフロイドさんを待ち受け、

これまで35年間のフロイドさんの

優しい笑顔や人となりに感謝の声を

上げ、フロイドさんの最後の日を祝おう

と手紙やプレゼントを渡されていった

そうです。

 

いつもは荷物を届ける役目のフロイドさん

ですが、この日は行く場所行く場所で

たくさん貰っていったそうで、

当日、その場で直接フロイドさんに感謝を

伝えられない方は、ご自宅のポストに

メッセージを残されていたそうです。

 

中には、小さな女のから

フロイドさんと同じように、

将来は郵便配達員になりたいという声まで

ww

 

・・・スゴいですね。

これだけでもフロイドさんは、万感の思い

だったのでしょうが、

これだけに終わりません。

 

たくさんの地元住民からの祝福を受け

ルートを回りきったフロイドさんを、

なんと地元住民が総出でお出迎えされます

 

その数、なんと300人以上!!

スゴいですね。

 

そして、その出迎えてくれた地元住民は、

フロイドさんを祝うべくストリートパーティ

を開催されたのです。

 

フロイドさんからしたら、本当に驚きの

サプライズだったでしょうね。

スポンサードリンク

ー 次のページでは ー

フロイド・マーティンさんの

最後のスピーチや今現在は?

次のページをクリック↓

1 2