クレイジージャーニー

青柳貴史(硯)WIKI年収や嫁(妻)・子供は?店の場所や値段は?[クレイジージャーニー]

クレイジージャーニーに硯(すずり)職人の

青柳貴史(あおやぎ たかし)さんが登場します。

 

硯(すずり)というと、あの習字で使う

墨をするヤツですね。

なんとも懐かしいですが・・・

普通の生活を送っていると、

なかなか出会いませんね。

 

というか、硯の職人さんっていうものが

存在していたことにビックリですね。ww

ちなみに、正確には製硯師(せいけんし)

という仕事だそうです。

 

そんな普段の生活にはあまり馴染みがない

硯(すずり)のオーダーメイド製造や修理などを

手がけているのが製硯師(せいけんし)の

青柳貴史さんです。

 

実は、この青柳さん一部から

かっこいいと噂になっているそうですね。

羨ましいww

 

今回はそんなイケメン製硯師・青柳貴史さんの

wikipedia風プロフィールやこれまでの経歴

気になる年収事情、結婚・嫁(妻)や子供は?

さらに店の場所情報や作品の値段は?など

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

青柳貴史さんのwikipedia風プロフィール

名前青柳貴史(あおやぎ たかし)
生年月日197928
(2019年2月現在40歳)
出身地東京都台東区浅草
職業製硯師(せいけんし)
大東文化大学非常勤講師
所属宝研堂

イケメン製硯師の青柳さんですが、

 

好きな食べ物は鴨せいろそば!

なんとも江戸っ子ですね。ww

 

さて趣味はというと、

プラモづくりや日曜大工など

生粋の職人気質が感じ取れます。

 

硯のプロが作るガンプラとかどんな感じ

なんでしょうねww

 

また、意外?にもチェロの演奏も趣味

だそうです。

 

また、製硯師(せいけんし)という職業ですが

なかなか聞きなれないはずです。

 

実は、元々硯の政策をするこの職業自体は

あったそうですが、青柳さんのお父さんである

3代目の章男さんが硯職人の地位向上の為に

製硯師(せいけんし)と名付けられたそうで、

青柳さんは現在唯一のその製硯師(せいけんし)

の継承者ということになるそうです。

 

ネーミングセンスですね。ww

 

実は現在小学校などで使う習字の硯は、

セラミック製やプラスチック製の大量生産の

物を使っているそうで、書道家でもない限り

本格的な硯を使うことなんてないですからね。

スポンサードリンク

青柳貴史さんのこれまでの経歴

青柳さんは、3代続く書道用具店の

長男として生まれ育ちます。

 

小さい頃から、書道の用具に対し、

身近に育った青柳さんですので、

当然、ご家族の仕事にも興味が出てきた

そうです。

 

工房に出向いては、祖父や父の仕事を

みていたそうで、

親からは、特に『跡を継げ』とは

言われていないそうですそうですが、

青柳さんは、なんとなく将来は跡を継いで、

硯作りをやるんだろうなと考えていたそうです

 

なんんとまぁ、親孝行なww

 

そんな青柳さんは、16歳の頃から工房に入り

祖父の保男さんの手伝いをしつつ、

硯について勉強・修行されていったそうです。

 

そして高校を卒業し大学に進学されると、

青柳さんは将来硯の原料となる石を

買い付けに行けるようにと、中国語学科へ

進まれます。

 

なるほど・・・。

確かに。

 

そんな中、大学3年生の時に、

祖父の保男さんが倒れてしまったそうです。

 

その病室で、祖父の保男さんは青柳さんに対し

最後まで硯作りについて教えてくれたそうです

 

すごい祖父と孫ですね。

これが職人の家系なんでしょうね。

 

そして倒れてから数日後、

祖父の保男さんが他界されます。

 

そして、青柳さんは本格的に硯作りを始める

ために大学を中退され、父の章男さんと一緒に

硯作りを始められます。

青柳貴史さんの気になる年収事情

さて、そんな青柳さんですが、

年収事情などはどうなんでしょうか?

 

そもそも書道の道具屋さんの職業自体

儲かるのか?という気もしちゃいますが・・・

 

早速年収事情について調べてみたいと思います

 

まず、そもそもの書道関連の職業から

調べてみますと、ある有名な書道具の営業職

で350〜550万円とのこと。

 

まぁ一般的なサラリーマンくらいですかね。

とはいえ、青柳さんのような

イケメン製硯師さんになると一般に営業職より

収入があるのでは?と思われます。

 

というのも、実は青柳さんの趣味の一つが、

車だそうです。

趣味を車と言えるとなると、なかなかお金が

かかるイメージですね。

 

実際、普段のお仕事ではハイエースに乗って

いるそうですが、プライベートでは、

スポーツカーを乗り回しているそうです。

 

また、チェロの演奏も趣味ということですし、

ご自身の趣味にかなりのお金をかけている

のでは?と思われます。

 

また、青柳さんは大学時代に習得した中国語

を駆使して、中国から硯の原料となる石を

買い付け、輸入されるなどのお仕事も

されています。

 

まぁ流石にお仕事なので、経費で落ちるの

でしょうが、何かと出費が出るとも思われます

 

もしかしたら、1000万円くらいの年収が

あるのかも・・・・。

 

また、青柳さんは、大東文化大学文学部

書道学科の非常勤講師も勤めて

いらっしゃいます。

 

実は、この非常勤講師というお仕事ですが、

そもそも名誉職的な側面が強く、

収入自体はかなり少ないそうです。

 

ということは、そもそもの本職でかなり

稼いでいないとなること自体難しいと

いうことですね。

 

もっとも、青柳さんの場合、

書道の普及に尽力されているということの方が

重要なのでしょうが・・・。

 

とはいえ、推定の年収についてですが、

本職の製硯師のお仕事で1000万円以上

あると思われます。

 

う〜ん、羨ましい。

とはいえ、なかなかなり手がいない職業

ですから、逆にそのくらいもらっていないと

なり手の候補たちに夢を見させられませんね。

スポンサードリンク

青柳貴史さんの結婚・嫁(妻)や子供は?

さて、

そんなイケメン製硯師の青柳さんですが、

2019年2月現在40歳になられるということで

ご結婚はどうなんでしょうか?

 

年齢的なことを考えると、ご結婚されていて

お子さんもいらっしゃることも十分

考えられますが・・・。

 

早速、調べてみましたが・・・

全く情報が出てきません。

 

結婚、嫁(妻)、子供などで色々と

検索してみましたが、全然ヒットせず、

さらに彼女などでも検索してみましたが・・・

こちらも、全くですね。

 

まぁ、一般の方ですので、

公表するわけもなく・・・・。

 

とはいえ、よく考えてみると、

もしかしてまだ結婚されていないのでは?

と思われる節がたくさんありますね。

 

趣味の車(スポーツカー)にお金をかける、

またチェロの演奏やプラモ製作など

一人での時間が必要、となると・・・

どうやら、

結婚している人の趣味ではないですね。ww

 

どうやら、拗らせてしまっているのかも

しれませんねww

 

イケメンなのに勿体無いというか、

宝の持ち腐れ感がハンパありませんがww

 

とはいえ、これだけのイケメンで、

業界も注目する職人さんですので、

いつの間にか結婚されていたなんてことも

あるのかもしれません。

 

もしかしたら、クレイジージャーニーの

中で結婚などの情報も出てくるかも

しれませんね。注目ですww

青柳貴史さんの店の場所情報

さて、そんな青柳さんが勤めているのが、

昭和14年(1939年)に浅草で創業された

宝研堂(ほうけんどう)という書道用具専門店

です。

店名宝研堂(ほうけんどう)
住所東京都台東区寿4-1-11
電話03-3844-2976
営業時間月〜土/9:00~18:00
第1,3日/10:00~17:00
定休日第2、第4日曜日、祝日

まぁ、勤めているといっても、

代々続くご実家なのですがww

 

宝研堂では、当然ながら硯だけでなく

筆や墨や墨汁、紙など様々な書道具を

取り揃えているそうですが、

やはりこのお店の最大の特徴は、

都内では珍しい硯の工房があるという所です。

 

その為、硯の購入はもちろんですが、

古くからある硯の修理などメンテナンス

のお仕事がメインとなっているそうです。

スポンサードリンク

青柳貴史さんの作品の値段は?

さて、そんなイケメン製硯師の青柳さんの

作る硯ですが、どのくらいのお値段なのか?

 

まぁピンからキリまで色々あるのでしょうが

なんとなくでも知りたい所でしょうね。

 

早速調べてみますと、意外?にも

そんなに高額では無いみたいです。

  • 一般的な新硯:¥1,000前後〜
  • 古硯:¥100,000前後〜

そもそもの一般的な価格がわからないのですが

一般的な新しい硯で千円前後って、

まぁ、手は出しやすい価格ですね。

 

とはいえ、本格的な硯になるとやはり

金額が跳ね上がりますね。

 

とはいえ、青柳さんの硯は

完全フルオーダーメイドで石の調達から

製作、また修復などもされていることを

考えると、それだけの料金(価格)というのも

納得ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はイケメン製硯師・青柳貴史さんの

wikipedia風プロフィールやこれまでの経歴

気になる年収事情、結婚・嫁(妻)や子供は?

さらに店の場所情報や作品の値段は?など

について調べてみました。

 

今回のクレイジージャーニーでは、

青柳さんのどんなエピソードが出てくるのか

非常に楽しみですね。ww

 

それでは、最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク
 

関連記事はコチラ↓